「麦の風」一覧リンク

「麦の風」一覧リンク


 ・77号 (1)デニス神父(イロイロ)からのお知らせ
      (2)新奨学生をご紹介します
      (3)奨学生の近況報告 


 ・76号 (1):映画「沈黙ーサイレンサー」あおられて
      (2)「一粒の麦の会」ブログ紹介
      (3):マニラ シスター「フェリサ」からの便り
      (4):マニラ奨学生「クリストファー」からの便り
      (5):マニラ奨学生「ローラ」からの便り
      (6):マニラ奨学生「マーク」からの便り
      (7):編集後記    


 ・75号 (1):「死者の月」と「待降節」
      (2):イロイロ仲介者 デニス神父からのメール
      (3):一粒の麦の会 2016バザー報告
      (4):スタッフ便り(2016年12月)
      (5):編集後記    


 ・74号 (1):熊本・地震災害からの復興を願いつつ
      (2):奨学生「アガトン」の手紙
      (3):イロイロ仲介者からの連絡事項
      (4):コタバト仲介者からの連絡事項
      (5):マニラ仲介者からの連絡事項
      (6):奨学生「ローラ」の手紙
      (7):イロイロ仲介者からの連絡事項2


 ・73号 (1):故井上四朗様の一周忌ミサへの参加
      (2):イロイロ仲介者 デニス神父より連絡事項
      (3):奨学生「カミール、N」
      (4):奨学生「グラディス、S」
      (5):マニラ仲介者 Sr.フェリサより連絡事項
      (6):コタバト仲介者 Sr.エルマより連絡事項
      (7):【編集後記】


 ・72号 (1):バザーの成果を見る
      (2):バザー感想文
      (3):バザーの報告


 ・71号 (1):故 井上四朗さんの思い出
      (2):マニラ卒業生「リチャードさん」の手紙
      (3):マニラ卒業生「リーカさん」の手紙
      (4):マニラ奨学生「マークさん」の手紙
      (5):マニラ奨学生「ローラさん」(情報技術科)の手紙
      (6):イロイロ奨学生「ジョハーラさん」の手紙
      (7):イロイロ奨学生「グラディスさん」の手紙
      (8):2015年新援助学生のご紹介
      (9):仲介者からの連絡


 ・70号 (1):巻頭「高倉 健さん逝く」
      (2):2014年バザー報告
      (3):奨学生近況報告
      (4):新スタッフ紹介「木村さん」


 ・69号 (1):被爆者100人の証言(NHK取材)
      (2):学生の近況2014-8    
      (3):コタバト卒業生
      (4):台風被害お見舞いへのお礼
      (5):世話人からのお知らせ(久保さん)
      (6):スタッフ便り(3号)


 ・68号 (1):卓話の原稿を書きながら(歴史)
      (2):奨学生近況報告2014-4


 ・67号 (1):ヨハネ福音書の一節、他
      (2):奨学生の卒業直前のご挨拶(感謝の言葉)


 ・66号 (1):三度の試練を越えて
      (2):イロイロ市の新仲介者が決定
      (3):新奨学生紹介(イロイロ)  
      (4) :奨学生の近況報告2013-5


 ・65号 (1) :奨学生の話し(アラーコンさん)
      (2):学生からのメール2013-1
      (3):バザー報告書(2012年度)





       

[PR]
# by muginokaih | 2017-08-18 16:46 | 麦の風

「一粒の麦の会」

 『一粒の麦の会』 


1.概要
  1982年に、現在の世話人(数名)がフィリピンを訪問したことをきっかけに
  フィリピンの貧しい学生に奨学金を送っているボランティア活動です。
 ※詳細は、「趣意書」をご覧ください。


2.活動内容等  
 1)麦の風(会報)・・・【一覧リンク new!
 2)現地の写真
    抜粋 1(人)  2(人) 3(教会)   4(街)
    視察時報告書
 3)地図
 4)学生の手紙や推薦状など ⇒麦の風一覧リンクへ投稿
     (1)  (2)  (3)
 5)その他
   ①2013年福音化フェスタ写真
   ②2013年バザー
   ③スタッフ便り
   ④スタッフ便り_2号
   ⑤スタッフ便り_3号
   ⑥新スタッフ紹介
   ⑦2014年バザー
   ⑧2015年バザー   感想文


3.連絡先
 代表:林田 健治
    〒852-8035
    長崎市油木町53-24
    ℡095-846-0691
  ※お気軽に、ご連絡願います。



f0239685_17401685.jpg

f0239685_1739519.jpg

f0239685_17441357.jpg

f0239685_21404689.jpg

f0239685_21403371.jpg


      
[PR]
# by muginokaih | 2017-08-18 08:08 | タイトル

奨学生の近況報告   

 奨学生の近況報告

①イロイロ

☆グラディスさん

2016年10月資格試験に合格しました。雇用も決まり彼女と家族は今とても幸せです。彼女は現在フィリピン全国警察に申し込んでいます。皆さんのサポート、特に奨学金援助にとても感謝しています。 
仲介者 エドナより  

f0239685_16205762.jpg



f0239685_16210499.jpg



f0239685_16211160.jpg



       
☆カミーラさん

彼女について悲しいお知らせがあります。彼女は家族問題のため去年学校に通うことが出来ませんでした。彼女の父親は糖尿病の合併症のため切断手術をしており入院していました。家族を手伝うため彼女は金銭的援助をするため仕事をしていました。彼女は勉学を中止しなければならなかったことを非常に残念がっていました。2017年度復学し大学を卒業するという夢を実現したがっています。引き続きの援助をお願いいたします。  
仲介者 エドナより


☆ジョハーラさん

彼女は優等生名簿にのり、クラスで一番の学生となりました。今年4年生最終学年となります。論文について勉強し始めました。彼女は実家にいて両親の様々な仕事や小さな農園を手伝っています。彼女と家族はあなた方が与えてくれる精神的・経済的援助にいつも感謝しています。父は病気で家族をほとんど扶養できません。それで彼女は学校を卒業し家族を助けたいと思っています。お互い会ったこともない方ですがあなた方はいつも心の中にいます。そしてあなた方の援助をとても感謝しています。一粒の麦の会に神様の祝福がありますように。  
仲介者デニス・ガロン神父より




②コタバト

☆ネリーさん

彼女は彼女の大学コースにおいて2年生を終え、夏期講座を取りました。彼女は「彼女の家族を完全に助けることが出来るプロフェッショナルとなる」という、最終的な彼女の夢に達するのにはまだ2年が必要です。彼女とその家族は、あなた方の親切な心、フィリピンの貧しいファミリーを助けるためにあなた方がしているすべてを本当に非常に感謝しています。優美なこの季節に、コタバトのネリーのために財政的・精神的に継続的サポートしてくれるあなた方の寛大な心について私は心から感謝します。あなた方一人ひとりやご家族の上に神様が必要なものをお与えくださいますように。あなた方に神様の祝福がありますようにお祈りします。
仲介者シスター・エルマより




③マニラ

☆マークさん

マークはまだ実習があり、卒業がいつになるか分かりません。

☆クリストファーさん

クリストファーは一年目を終え、彼は真面目で勉学に責任感をもっています。また彼の住まいは私達の場所から近く、頻繁に訪れてくれています。
                   
仲介者シスター・ジェノベーバスサーダより



※2017年度よりシスターフランシスカ が マニラ・コトバトの両方の通信管理を行うことになりました。


      


[PR]
# by muginokaih | 2017-08-18 06:06 | 麦の風

  新奨学生をご紹介します

一粒の麦の会では2017年度新しく一名の奨学生を迎えました。
f0239685_10165368.jpg
  学生名     ジョン
  生年月日    2003年4月28日
  学校名     カルメリット ベルーナ 学習センター
  履修年限    高校  2017年~
  卒業予定年   2024年(大学も含む)


家庭状況

 私はJohn、13歳です。マニラで祖母と暮らしています。
 祖母は三輪車の運転で仕事して収入を得ています。ほとんどの夜、私達は三輪車で寝ます。なぜなら彼女の運転にによる稼ぎでは、私達が住むための小さな部屋でさえ支払うのには十分ではないからです。

 私はカルメリットのシスターたちの援助で成長しました。子どもとして、勉強を続けたいけれども、祖母は経済的援助をすることができません。私は学校を終え、良い仕事を見つけたいです。そうすることで、彼女に今までにない良い生活を与えられることができます。私の夢を実現するためにどうぞ助けてください。私は決して信頼を裏切りません。神のご加護がありますように。
 祖母は私が学校を卒業し良い仕事に就くことを願っています。そうすれば祖母を助けることができます。
f0239685_10170098.jpg

仲介者推薦書

  仲介者氏名愛徳カルメル会 フランシスカ(Francisca)

 私はJohnが幼い頃から知っています。彼の家族は私達の寮のすぐ近所にある小さい店の一角に住んでいます。彼の母は彼が生まれた時たったの16歳でした。そして彼の母が他の男性と出て行った後、彼は祖母に育てられました。彼はほぼ私達と共に育ちました。彼はまじめでで勤勉、熱心です。彼は勉強を終えるのをとても願っています。私たちは卒業まで彼の健康のために食事を取らせるなどの援助ができます。祖母は祖父が亡くなった後、三輪車の運転で彼を支えてきました。

あなた方の援助をありがたく思っています。ジョンは私たちと一緒に育ったので、私たちは彼のためにベストを尽くします。

(母親は家を出、4人の兄弟(姉妹)と一緒にイザベラで暮らしています)


【おばあちゃんと一緒:卒業証書を胸に】
f0239685_10170563.jpg


【音楽が好き、いつも練習しています】
f0239685_10171173.jpg



       




[PR]
# by muginokaih | 2017-08-18 05:15 | 麦の風

デニス神父(イロイロ)からのお知らせ  



フィリピンよりご挨拶申し上げます。

フィリピンのミンダナオ地方の都市、マラウイで進行中の戦争について、すでに悲しいニュースを聞いたことでしょう。

私たちはそれから数マイル離れており、直接影響を受けていませんが、この戦争はまだ私たちの毎日の生活に大きな打撃を与えています。この無謀な殺人がすぐに終わり、早く平和が私たちの最愛の国に訪れるように願って祈ります。


良いニュース。卒業した奨学生マーク・アレンセンティナは、201774日にイロイロの近隣の州、アンティークのサンホセで助祭の叙任式をすることになりました。司祭叙階は来年2月頃の予定です。


彼は周りの人の人事の変化があったので、何年も待ちました。

悲しいことに、マークの母親は先月、授与の約1ヶ月前に逝去しました。

彼と彼の家族にとっては本当に大きな打撃でしたが、彼はすべてが彼のための神の計画の一部であると信じています。

私たちには、すぐにあなたに叙任式の写真を送ります。

私たちの寛大な友人と恩人に感謝します。

神様のお恵みがありますように。

私たちはあなたの助けが決して無駄にならないことを保証します。

私たちは物質的なものであなたにお金を払うことができないかもしれませんが、私たちはあなたとあなたの愛する人のために私たちの継続的な祈りを保証します

デニス・ガロン



マーク・アレンセンティナさんの待ちに待った助祭の叙任式です。

順調にいけば来年の2月頃に叙階式とのこと、叙階式には参列したいと

心づもりをしています。

マーク・アンジェロさん、叙階する日を楽しみにしています。

この度はおめでとうございます。日本からお祈り申し上げます。 以上





 


[PR]
# by muginokaih | 2017-08-05 20:22 | 麦の風